MENU

CLOSE

効果絶大!バストアップで有名なボルフィリンってどんな成分?

効果絶大!バストアップで有名なボルフィリンってどんな成分?

83views

カテゴリ:未分類

育乳効果抜群のボルフィリン!その正体を解明する

ボルフィリンという成分は、2000年代後半にフランスで誕生したバストアップ効果が認められている成分です。ボルフィリンは人間の手によって作り出された成分ですが、その原料はユリ科のハナスゲという植物由来の天然成分で、安心して利用しやすいのが特徴です。

このボルフィリンの働きとして、脂肪細胞を活性化させて脂肪の増殖を促し、脂肪を継続的に蓄積させる作用があります。この効果を最大限発揮するために開発されたのがボルフィリン配合のバストアップクリームやバストアップジェルです。

ボルフィリンはプエラリアとは異なり、服用するサプリメントよりも塗布型のクリームやジェルに配合することで、本来の力を発揮することができます。つまり、ボルフィリンが配合されたバストアップクリームを胸に塗るだけで、脂肪が増殖して胸が大きくなるということです。

このため、プエラリア配合のサプリメントよりも、ボルフィリン配合のバストアップクリームの方が副作用の心配が少なく安全面で優勢という見方があります。しかし、ボルフィリンに関してはまだわかっていないこともあり、今後の研究が期待されています。

今現在では塗布型のバストアップグッズに配合されて注目を集めていますが、今後の開発が進めばボルフィリン配合のサプリメントなども登場することが予想されます。

これで納得!ボルフィリンが脂肪を増殖させる理由

塗るだけで脂肪が増殖するなんてとても不思議な成分ですが、その構造に関してはキチンと解明が成されています。ボルフィリンの原料となるハナスゲという植物の茎にはサルササポゲニンという物質が存在します。このサルササポゲニンという物質が遺伝子を刺激して脂肪細胞を増殖させることが判明し、バストアップグッズに活用されるようになりました。

アディフィリンはボルフィリンと似ている?ボルフィリンとの違い

ボルフィリンと良く比較される成分にアディフィリンという成分があります。どちらも塗布型のバストアップグッズに配合される成分で、皮膚に塗るだけで脂肪を増殖させるという特徴があります。アディフィリンはスペインで誕生し、6つのアミノ酸で構成された人工的な成分です。

ボルフィリンを構成するサルササポゲニンという物質が大変高価であるのに対し、アディフィリンは大量生産が可能で安価となっています。バストアップクリームによってはボルフィリンとアディフィリンの両方を配合していることがありますが、国内で手に入るバストアップクリームに関しては圧倒的にボルフィリンが配合されていることが多いです。

ボルフィリン配合のバストアップクリームの実績は如何ほど?

せっかくバストアップクリームを入手するなら、効果があるに越したことはありません。ボルフィリンが配合されたバストアップクリームに関しては、多くの口コミや体験談などがインターネット上にアップされており、中には全く効果が表れなかったという口コミや、マッサージやサプリとの併用でカップが大きくなったなど、様々な意見があります。

信憑性のある効果の事例として、ボルフィリンを開発したフランスの企業が行った調査をご紹介します。この実験の方法は、ボルフィリン5%配合のジェルクリームを1日2回ずつ被検者の胸に塗布し、6か月後の胸の変化を調べるというものでした。

半年後、被検者の女性の中に劇的に胸の大きさが変化した人が存在し、中にはAカップからBカップまでボリュームアップした人もいました。これまでにボルフィリンの副作用に関しての報告はなく、安全にバストアップする方法として世の中に定着してきています。

ボルフィリン配合のバストアップクリームを使用して効果を得やすくするためには、バストアップマッサージやサプリメントの服用を併用することが推奨されています。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事