MENU

CLOSE

バストアップ効果のあるマッサージとエクササイズの方法とは

バストアップ効果のあるマッサージとエクササイズの方法とは

106views

カテゴリ:未分類

バストアップマッサージとは

バストアップマッサージの効果

普段はバストが小さい女性も妊娠中にバストが大きくなるのは、妊娠によって女性ホルモンの分泌量が増加するためです。体内の女性ホルモンが増加することでバスト内に網の目のように広がっている乳腺という組織が発達しますが、乳腺が発達する際に周辺の脂肪の量が増加します。バストは大半が脂肪で構成されているため、脂肪の増加に伴って大きくなります。

そしてバストアップマッサージとは、マッサージの刺激によって女性ホルモンの分泌量を増加させたり、バスト周辺の血流を促進することでリンパに詰まった老廃物を排出させてバストアップに必要な女性ホルモンや栄養分がスムーズにバストに届く状態に整えることを目的に行う方法です。

バストアップマッサージの方法

両手で左右のバストを持ち上げて、外側から内側に向かって丸く円を描くような動きで刺激します。または左右のバストを下から上へ向けてさすり上げるように刺激します。この時に脇の下の腋窩リンパ節や鎖骨周辺にある鎖骨リンパ節を刺激することで、老廃物の排出を促してよりバストアップ効果を高めることが出来ます。

そしてバストアップマッサージは体温が上がって血行が良くなっている入浴中に行うとより効果的です。またバストアップマッサージは、女性ホルモンの分泌を促進する成分が含まれたバストアップサプリメントや、バストアップクリームの使用と並行して行うことでよりバストアップ効果が高まります。

バストアップエクササイズとは

バストアップエクササイズの効果

バストアップエクササイズとは、バストの下で土台になっている大胸筋を筋力トレーニングによって肥大化させて、バストを下から持ち上げることを目的としたバストアップ方法です。またバストアップエクササイズによってバストにハリが戻るため、下垂したバストのバストトップが上がる効果も得られます。

そしてバストアップエクササイズは、プエラリアやイソフラボンなどの成分が含まれたバストアップサプリメントの使用やバストアップマッサージを行う場合のように、女性ホルモンの作用によってバストアップを実現する方法ではないため、それらの方法と並行して行うことで相乗効果によりさらにバストアップ効果を上げることが出来ます。

1.合掌ポーズ

合掌ポーズは最もお手軽なバストアップエクササイズの方法です。椅子に座った状態でも行うことが可能なので、オフィスや学校などのちょっとした空き時間を利用してバストアップ効果が得られます。その方法はとても簡単で、胸の前で手の平を合わせて合掌のポーズをとった後、両手に力を入れて押し合わせることで大胸筋を刺激します。

これを1日に10~20回程度、1回あたり15秒程度行います。そして手の平を合わせる位置によって負荷をかける位置を変えることが出来るため、右のバストが小さい人は右脇のあたりで手の平を合わせて合掌ポーズを行うことで、バストアップ効果を右のバストに集中させて左右のバストの大きさの違いを解消する効果が得られます。

2.プッシュアップ

大胸筋を鍛えるための代表的なエクササイズの方法といえるのがプッシュアップです。最初にうつ伏せの状態で床に膝をついて、腕を肩幅よりも広く開いて床に手をつき上体を浮かせた姿勢を保ちます。この時に肘をわずかに曲げて、指はまっすぐ前へ向けておきます。

そしてゆっくりと息を吸いながら上体を下ろしていき、肘が曲がり切ったところで次にゆっくりと息を吐きながら上体を元の高さに戻します。この動作の際に背中を反らさないで身体を真っ直ぐに保つことで負荷を大胸筋に集中させることが出来ます。そして自分の筋力に合わせた回数でこの動作を繰り返します。

3.ダンベルエクササイズ

最初に胸を張った状態で床に仰向けになり、両手に持ったダンベルを胸の両脇で構えます。そしてゆっくりと息を吐きながらダンベルを押し出すような動作で胸の上へと持ち上げて、肘が伸び切ったら今度はゆっくりと息を吸いながらダンベルを下ろして最初と同じ姿勢に戻します。

これを1日に3セット、1セットを15回程度で行います。ダンベルは自分の筋力に合わせて0.5kg~2kgのものを使用します。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事