MENU

CLOSE

バストアップに必要な成分「成長ホルモン」の分泌を促す為の睡眠方法

バストアップに必要な成分「成長ホルモン」の分泌を促す為の睡眠方法

92views

カテゴリ:未分類

より成長ホルモンを分泌させたいならこんな睡眠をしよう

なぜ、バストアップと睡眠が関係あるのか?

バストアップと言えばバストに直接働きかけられそうな方法がいろいろありますが、今回取り上げたいのは睡眠です。睡眠はホルモンバランスを整えるだけでなく体を成長させるために必要な成長ホルモンも分泌させるため、バストをより大きくするためには良質な睡眠が欠かせません。

 

むしろ、他に様々なバストアップをしていても不規則で質の悪い睡眠をしているようではその効果は半減してしまいます。良質な睡眠方法と書くと秘密の技のように見えますが、ここで紹介することは決して難しいことではありませんし心がけひとつでできてしまいます、

成長ホルモンの分泌を促す睡眠方法はこちら

成長ホルモンを促す原則は「眠りについてからの3時間を深い睡眠で過ごすこと」です。今までは夜10時?深夜2時のゴールデンタイムに寝る子は育つと言われていましたが、今は深く眠る子が育つと考えられているわけです。

深い眠りにつくための方法はこんなことでいいのです。

  • 寝る間際までスマホをいじらない

スマホやパソコンの光は脳を覚醒させてしまいます。同様の理由で寝る間際までテレビを見るのもおすすめできません。就寝30分前にはこのようなものの電源を切りましょう。

  • お風呂は就寝1時間前に入る

お風呂に入るとリラックスしますが、同時に体温が上がってしまいます。眠りを浅くするためには入浴してからクールダウンする時間を作りましょう。

  • 食事は寝る2時間前に済ませる

昔は夜8時以降に食べてはいけないと言われていました。これは太らないためですが、夜10時睡眠も関わっていたのではないかと思います。確かに、寝る間際に食事をとると胃が動いて深い眠りにつけなくなります。多少お腹が空いても我慢してください。

  • お酒やコーヒーを飲まない

アルコールやカフェインは眠りを妨げるので、眠るための飲み物はお湯やホットミルクにしましょう。タバコもニコチンが脳を覚ますのでお勧めできません。そもそも、タバコはバストアップにもよくないです。

  • 運動習慣をつける

軽い有酸素運動で構いませんが、運動習慣のある人はそうでない人に比べて質の良い睡眠ができます。ただし、寝る直前に運動をするなら簡単なストレッチやヨガにとどめておきましょう。

成長ホルモンだけでなく、女性ホルモンも増やしたい

このように成長ホルモンがバストアップに関わることが分かりましたが、成長ホルモンはあくまで体を成長させるホルモンです。バストを中心的に成長させるためにはそのような指令を出すホルモンが必要となることを忘れてはいけません。

バストを成長させるために働いてくれるホルモンはエストロゲンという女性ホルモンです。このエストロゲンと成長ホルモンがそろって初めて効率的なバストアップを期待できます。女性ホルモンを増やす方法は、しっかり睡眠をとってホルモンバランスを整えること、女性ホルモンが分泌されるツボをマッサージすること、女性ホルモンに似た成分が入ったサプリメントを飲むことなどが挙げられます。

サプリメントはマッサージと違って、エストロゲンを直接摂取するわけではありません。その代わりに植物性エストロゲンと呼ばれるエストロゲンによく似た成分を摂取するのです。植物性エストロゲンと聞くと馴染みがなさそうですが、イソフラボン系とリグナン系に大別されます。そのため、普段食べている大豆製品やゴマにはバストアップ成分が含まれていることになります。

また、エストロゲンは美肌やセクシーな腰回りの形成にも役立つので、ぜひ摂取したいものです。ただ、せっかくサプリメントとして摂取するのですからより効果の高い植物性エストロゲンが含まれているプエラリアやアグアへといった原料が使われているものを選びたいです。どちらも国内ではまず見かけることはありませんが原産国では美容に良い植物と広く知られています。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事