MENU

CLOSE

短期でバストアップ!バストへの刺激は単純だけど効果的!

短期でバストアップ!バストへの刺激は単純だけど効果的!

116views

カテゴリ:未分類

バストを刺激すればバストアップに繋がる

バストの大きさは、生まれた時から決まっているわけではありません。生まれてから吸収した食事や栄養分、環境によってかなり大きさが異なってきます。実際に、動物性の栄養分を吸収しやすい機会が多い欧米人は、日本人と比べてバストが大きくて形が良いこともわかっています。

もちろん、その分太りやすい体質にあることは間違いありませんが、バストを大きくするヒントはこうした点からも見つけることができます。具体的に、手軽にバストアップを実現する方法は下記の二つです。

  • バストを刺激する
  • 食事を多く摂取する

バストは、脇や背中の脂肪分を集めることによってより大きくすることができますし、大きく見せることもできます。ですから、気軽にバストアップをしたい人は欧米人がやっているように動物性の栄養分を摂取して体脂肪が付くようにすれば良いのです。この方法が一番気軽でストレスがかからないので、短期で大きなバストを手にできる確率が高いです。

ただ、上記でも述べた通りこの方法では体型的に太ってしまう可能性も高くなりますので、どうしても敬遠したくなる人も多いでしょう。そこで、もう一つの方法がバストを刺激するというごく単純な方法です。バストの刺激は、単純なように見えてとても効果的で、リンパをマッサージするように刺激を行っていけば短期間でバストアップを成功させることもできます。

リンパのマッサージをすると、溜まっていた老廃物がなくなって血流が良くなり、それが結果的にバストを刺激することになるのできちんとバストアップの効果があります。ですから、まずはこうした簡単な方法から始めると良いでしょう。

なぜ刺激することが良いのか?

バストアップにはバストを刺激することが良いと考えられていますが、これは今に始まったことではなく昔からです。医学が発達した現在においてもこうした主張がされているのは、バストを刺激することが妊娠過程においてホルモンがバストを刺激することと非常に似ているからです。

誤解をしている人も多いですが、バストアップの際に女性ホルモンを多く摂取したとしても大きなバストを手に入れることはなかなか難しいです。これは特に女性に当てはまることで、女性の場合は妊娠をすると、赤ちゃんが授乳できるように自然とバストが大きくなるような身体的な特徴を有しています。

こうしたバストを大きくするために働いているホルモンをプロラクチンと言い、このホルモンは一般的に言われている女性ホルモンのエストロゲンとは全く別のホルモンなのです。

  • プロラクチン…妊娠すると女性の体内で分泌される。
  • エストロゲン…妊娠する前から分泌されている。

エストロゲンは女性ホルモンとしては有名ですが、実は女性が妊娠をしてバストが大きくなっていくと、このエストロゲンの分泌量はプロラクチンと比較して減っていくことがわかっています。そのため、サプリメントの成分などで女性ホルモンを摂取してバストを大きくしようとする行為はそれほど良い行為とは言えないことになります。

サプリメントの成分として摂取するのならば、バストの刺激に繋がるプロラクチンの分泌量が多くなるものを摂取しなくてはいけません。バストを刺激することは、プロラクチンによってバストを刺激することとよく似ているわけです。プロラクチンが分泌されると女性は胸に違和感を感じるようになり、次第にバストが大きくなっていくことを短期で実感します。

一方で、リンパをマッサージしてバストを刺激すると同じようにバストが刺激されて血流が良くなるので、プロラクチンによって行われる刺激の疑似的な体験をすることができるのです。ですから、バストへの定期的な刺激はバストアップにとても効果的なのです。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事